おすすめアイテム

【エンジニアの眼精疲労対策】僕が実践して効果を感じた方法5選

エンジニアの声

仕事でパソコン使って、隙間時間にスマホ触ってるから目がとても疲れちゃう…

ぎーすえ

そんなあなたに僕が実際に効果を感じた、疲れ目対策をお伝えします!

皆さんはパソコンとかスマホを見まくって疲れた目を労わってあげてますか?

僕はエンジニアになってからは仕事中はずっとパソコンとにらめっこ、最近の休日はもっぱらブログ書いていてめっちゃ目を酷使しています。

そのためか朝起きて通勤するときに目のピントがいつもより合わなかったり、しょぼしょぼするようになってしまいました。

これはまずいと思って眼精疲労の対策を始めたわけです。

この記事では僕が試してみてこれは効果がありそうと感じた方法を5つご紹介します!

定番の対策、ブルーライトカットメガネ

おそらくパソコンなどのモニターで目が疲れたと感じている人なら、一度はブルーライトカットメガネってどうなんだろうと思ったことがあるはず。

以前安物を買ったんですが効果が感じられず、すぐに使わなくなってしまったので今回はちゃんとしたものを購入。

会社でつけるのはめんどくさいなと思ったので、主に自宅での作業用に使っています。

色の感じとしては、最初は違和感を感じていたのですが慣れてくると特に気にならなくなりますね。

光の刺激も弱めてくれているので、かけているといつもより疲れが減ったと実感できて満足しています。

おすすめのブルーライトカットメガネ

僕が買ったのは上の写真のJ!NSの40%ブルーライトカットメガネです。

created by Rinker
¥5,500 (2020/08/11 22:02:50時点 楽天市場調べ-詳細)

有名どころとしてはZoffもありますね。

ブルーライトカット率が大きい方が一応いいみたいですが、色味も変わってきたりします。

個人的には、今の40%カットで十分だと感じています。

目を温めるならあずきの力

夜寝る前にあずきの力で目元を温めてあげると翌朝には目の疲れがいつもより少なく感じます。

なにより、蒸気で目を温めているときがめちゃくちゃ気持ちいい!

温めることで目元の筋肉がほぐれるので確かに効果はあるなと実感しながら使っています。

ホットアイマスクの種類

ホットアイマスクといえばこの「めぐりズム蒸気でホットアイマスク」が有名ですよね。

これは袋から開けるだけで温かくなるので職場でも簡単に使えるのがいいのですが、頻繁に使うにはちょっと高いですよね。

その欠点を補っているのが僕の使っている「桐灰あずきの力」です。

レンジでチンするだけでいつでも目を温めることができちゃいます。

しかも、250回ほど使えるらしいので経済的にもかなりお得なのがポイントです!

僕はプレミアムの方を使っていますが持続時間と見た目ぐらいの違いで基本的な能力は同じなので普通の方で全く問題ないと思います。

ひとつ注意点なのが、あずきの力というだけあってレンチンした後の蒸気でけっこうあずきのにおいがするので嫌いな人はやめた方がいいですね。

逆に僕は結構あずきのにおいが好きなので、においも含めて気に入ってます!

こまめに休憩取るのことがものすごく大事

かなり原始的ですがこまめに休憩を取ることがなんだかんだで一番効果があると思います。

長時間ぶっつづけで画面を見続けるというのは本当によくないです。

休憩するときはスマホを触るのではなくちょっと遠くを見つめると目もしっかりと休ませてあげられます。

職場にもよると思いますが、個人的には30分~1時間に一回は画面から目を離して休憩するのがおすすめです。

3Dステレオグラムで目の運動

画像を立体視で見ると視力回復効果があるらしいです。

僕自身も結構前からこういった画像は見ているのですが、本気で継続したことはないため視力回復までの効果は実感できていません。

ですが、これを見ることでピント調整による目の運動にはなるなと感じていて、疲れ目にも効果があると感じています。

アプリで「3D視力回復」と調べれば無料でダウンロードできるので興味がある方はぜひ試してみてください。

こういった本の形でも出ていますよ。

効果は未知数なルテインの摂取

これに関しては劇的な変化が起きるわけではないので効果は実感できておりません。

ルテインはブルーライトを遮断・吸収して酸化を防いでくれるらしいので、ブルーライトを浴びまくっているエンジニアからしたら結構重要かもと思っています。

長い目で見ると摂取し続けた方がいいかもしれないですが、効果が実感しにくい分続くかどうかは微妙なところですね。

ルテインの摂取目的ならこの商品はかなりコスパがいいです。

自分に合った方法を継続する

僕が実践している5つの眼精疲労対策

  • ブルーライトカットメガネ
  • 蒸気のアイマスク
  • こまめな休憩
  • 3Dステレオグラム
  • ルテインの摂取

今の時代エンジニアでなくともパソコンがないと仕事にならないので、パソコンによる眼精疲労とはうまく付き合っていくしかありません。

眼精疲労対策も全ての人に効くわけではないと思うので自分に効果があると思ったものをしっかりと続けていくことが大事です。

個人的には、こまめに休憩をとることが眼精疲労対策のほかにも集中力や座りすぎを防ぐなどの効果もあるのでまず実践してみてほしいなと思います。

おすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です