マインド

【目指せ100選】これって正しいの?意外と知らない生活豆知識11選

皆さんが普段の生活で何気なくやっていることはたくさんありますよね。

それってどこから学んだのか大概覚えていないものですが、自分の中で常識だって思っていたことが間違っていることが多々あります。

僕の例だと歯磨きの時にブラシを濡らして歯磨き粉つけてたんですけど、泡立ちすぎちゃうので水に濡らしちゃ駄目らしいです。

こんな感じで僕が調べてみて初めて知った正しい生活Tipsをお届けするコーナーです!

意外と皆さん知らないことが多いかもしれませんよ??

どんどん追記していきますので気になる項目を見つけて目次で飛んでみてください!

健康

歯ブラシを濡らして歯磨き粉をつけてはダメ

歯磨き粉が早く泡立つから水で歯ブラシを濡らしてから歯磨きするのはNGです。

水に濡らしてからだと泡立ちすぎてしまって、簡単に磨いた気になってしまうのです。

泡立ちが良くても効果はむしろ落ちていてよく磨けていません。

乾いた状態からゆっくりと歯を磨いていきましょう。

歯磨きの後口をゆすぐのは最低限で

歯磨きのあとは歯磨き粉が残ると嫌だからしっかりと口をゆすぎたいかもしれませんがNGです。

歯磨き粉に入っているフッ素などがせっかく歯を守ってくれているのにそれを洗い落とすことになってしまうのです。

せっかくの有効成分を落とさないためにも最低限気持ち悪くない程度でうがいを済ませましょう。

食後すぐに歯を磨くのはNG

お昼ご飯の後とか時間がないので食後すぐに歯を磨きがちですがこれもNGです。

食事などで口の中が酸性の状態になっていると、歯の表面のエナメル質がもろくなっていてダメージを与えてしまう恐れがあります。

唾液の効果でエナメル質は再び硬くなるので、食後15~30分程度置くといいです。

歯を磨きすぎると歯が削れてしまう

歯を磨きすぎるとエナメル質が削れてしまいます。

単に磨きすぎるといっても、歯磨きの時間が長い、歯磨きの力が強い、歯磨きの回数が多いなどいろいろな方向に磨きすぎがあるので注意が必要です。

歯磨きは毎食後の1日3回も磨けば十分で、朝昼は5分程度も磨けば十分です。

夜はちょっと念入りに10~15分程度磨くといいみたいです。

もちろん歯磨きに力を入れすぎるのも禁物なので優しく磨いてあげましょう。

マスクって表裏がある

最近のマスクはいろいろ種類があって表裏がよくわからないこともありますよね。

ゴムが内側でいいんじゃないって思っていましたが自分のつけてたマスクはまさかのゴムが外側のタイプでした。

たいていはマスクの箱や袋にどっちが表かの説明があるので一度見てみましょう。

ぱっと見で判断するのであれば、一方向に波打っている場合は表の谷の部分が下向きになるようにつけると正しいみたいです。

ほこりがたまりにくい向きで覚えるといいですね。

真ん中から上下に広がるタイプはもっとも出っ張ってる部分を表にすると正しいと思います。

よく効く風邪予防

コロナの影響でみんなが予防を一生懸命しようとした結果インフルエンザが減ったそうです。

そう、マスクなんかが風邪予防に効くんじゃなく(風邪ひいている人はマスクしよう)結局「手洗い」「頻繁に水分をとる」と風邪予防に効くのが証明されましたね。

手にはかなり菌が付くので帰宅時や食事前には必ず手を洗うようにしましょう。

アルコール消毒もいいですね。

あとはこまめに水分をとれば風邪の菌がのどから胃の中に流されて無力化できます。

飲食

健康に影響が出ない一日にとっていいカフェインの量

コーヒーは目覚ましにもなるしついつい何杯も飲んでしまいますよね。

しかしカフェインを取りすぎる病気のリスクもあるので注意が必要です。

健康でいるためには成人だとカフェインを1日400mg未満に抑えた方がいいそうです。

コーヒー1杯(200g)のカフェイン含有量がおよそ80mgなので5杯が限度ですね。

栄養ドリンクの実態

栄養ドリンクと言えば「ファイト~一発!」とかですが、あれって体力回復に効くのでしょうか。

答えは、実質的な体力の回復には影響ないです。

たしかに栄養は取れるのですが、食事を普通に取れている人であれば食事だけで十分です。

実際に疲れが取れた感じがするのはカフェインの効果ですね。

あとは栄養ドリンクを飲んだというプラシーボ効果で元気になれるかもしれません。

あくまで本当の体力は回復しているわけではないと認識したうえでうまく栄養ドリンクを使っていきましょう。

洗濯

靴下の干し方

実家では靴下はつま先を上にして干していました。

たぶん洗濯ばさみの後を見せたくないからだと思いますがゴムを伸ばしたくないなら履き口が上になるように干した方がいいです。

洗濯物は上から乾くので下のほうが乾きにくく水分の重さが加わってしまいます。

履き口が下だとゴムの部分に重さを加えてしまうので注意しましょう。

洗濯物は外に干さなくてもいい

洗濯物は外で干すことが常識みたいになっていますが実際は部屋干しの方がメリットがあったりします。

  • 急に雨が降ってきても影響がない
  • 花粉やほこりなどが付かない
  • 直射日光による衣類の変色を防げる

このように部屋干しにはメリットがあります。

部屋干しのデメリットは乾きにくくてそのせいでにおいも気になることだと思います。

風通しがよくなるよう気を付けてあげれば、部屋干しの方が大切な衣類を守ってあげることができますね。

おすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です