マインド

【節約できない人向け】支出を減らす3つの考え方と今すぐできる節約テクニック

皆さんはお金ほしいですよね?

お金がいらないなんてきれいごとを言える人はほんの一握りで大半の人はお金が欲しいと思います。

衣食住、旅行、趣味、遊びと何かをするには必ずお金がかかるので、お金を持っていないと選べる選択肢が減ってしまいます。

では皆さんは使えるお金をどうやって増やすことができますか?

サラリーマンであれば自分の仕事を全力で頑張ってもすぐに収入に反映されないという方が多いと思います。

そうなってくると次にやれるのは節約ですよね。

この記事では節約についての考え方やちょっとしたテクニックをご紹介したいと思います。

正しく節約して人生を豊かにできるものにお金を使って行きましょう。

ぎーすえ

ぎーすえ(@gisuekawazu)です!

節約はとにかくストレスを感じたら負けです。

そうならないためにも考え方や削るべきものがあるので参考にしてください!

節約をする目的をはっきりさせる

皆さんは何のために節約をしようと思っていますか?

この問いにはっきりと答えられないのであればまだ節約を始めるのは早いと思います。

なぜならこの問いに答えられないまま節約をしていると、節約をすることが目的となってしまうからです。

あくまで節約をするのは自分がやりたいことに使うためのお金が必要で、その手段として節約をしてお金を用意します。

この自分のやりたいことが明確になっていないとどこまでいっても節約をし続けなければいけないし、目標もないので長続きもしません。

まずは自分の人生についてゆっくりと考えてどんなことにお金を使いたいのか、そのためにいくら必要なのかをしっかりと考えてそれにあった節約を計画しましょう。

自分について把握することが大事

皆さんの節約する目的は見つかったでしょうか。

目的が見つかったら次は具体的にどのくらいのお金が必要でどのくらい節約できればそれが実現できるかをしっかりと理解しておくことが重要です。

ここで重要なのが普段自分が何にいくら使っているか支出をしっかりと把握する事です。

自分の支出を知らないまま無闇に節約をしようとしても、実際にどのくらい削れるのか分かっていないまま無理に節約することになるので効率が悪くストレスを溜めるだけです。

節約の本質は自分の支出の中で無駄な部分を削ることが重要です。

必要な部分まで削った節約は金額も大きくなり確かに効果は大きいですが、一時的にしかできないですし自分の生活満足度も下がってしまいます

自分のできる範囲で不必要なものを削っていく、生活水準を変えずにストレスのかからない節約を心がけましょう。

もう一つ知っておくべきことがあります。

それは自分の時間単価を把握することです。

自分が1時間働くとどのぐらいお金を稼げるのかざっくりでもいいので把握をしてください。

例えば1000円節約できるとしてそれに2時間かかったとします。

この節約では時給500円で節約を実現していることとなります。

しかし少なくともバイトですら時給は1000円を超えます。

つまり2時間かけて1000円節約をするよりも、節約にかかる2時間分働いた方が効果が大きいということがわかります。

サラリーマンであれば簡単に1時間プラスで働くといったことは現実的ではありませんが考え方として持っておくことが重要です。

時間単価に見合っているかどうかということを考えることは余分にかかるストレスを減らすことにもつながります。

人生の時間は有限ですので、時間単価に見合わないことはやめてしまって有限な時間を大事に使っていきましょう。

支出を減らす3つの考え方

現在の環境でできることで最も簡単にお金を手に入れる方法は何だと思いますか?

それは収入を増やすことではなく、支出を減らすことです。

収入を増やすには余分に働かないといけませんが、支出を減らすことは消費していたものをなくすだけなので何もせずにお金を手に入れることができます。

まずは無駄な支出をとにかく削っていくことで節約を進めましょう。

「無駄」であって「必要」な部分まで削ってしまうと続かなかったり生活満足度が下がってしまうので気をつけましょう。

次に支出を減らすための考え方を3つご紹介します。

お金の価値を知る

皆さんは自分の力だけでお金を稼ぐことはできますか。

日本は大半の人がサラリーマンであり、ちゃんと会社に出勤していれば勝手に給料が入って生きていけるので金銭感覚が麻痺していると思います。

私は今年から副業(さほど稼いではいない)を始めています。

副業では自分の力でいろいろやる必要があり100円を稼ぐことですらとても大変なことです。

会社などのバックがない自分一人でお金を稼ぐとなった時、お金というものはとても価値があるのだということがわかります。

普段ジュース代など100円程度であれば何気なく使ってしまう金額です。

しかし自分でこの100円を稼ごうと思ったらとてつもない労力がかかります。

一度これを経験すると100円ですら使うことを躊躇うようになりますよ。

もちろん必要なものにまでこの考え方を実践する必要ありません。

このお金は無駄な支出かなと思った時は、自分がその金額を稼ぐためにどのぐらいの努力をしなければいけないのかと考えるだけで使うのをやめようと思えるのです。

モノやサービスの値段ではなく価値を見る

ついつい安売りをしていると何か買わなきゃと思って買い物をしてしまうことが多いですよね。

しかし安いからという理由で買ったものはだいたい余分で無駄な支出です。

支出を減らすためには安いから買うのではなく価値があるから買うという考え方に変える必要があります。

価値があるものをしっかりと選べれば自分にとって無駄であるといったことは起きないでしょう。

今買おうとしているものは本当に自分に必要なものなのか、ということを今一度自分に問いかけましょう。

価値を考えるのは会社での飲み会なんかもそうです。

あまり行きたくないけど付き合いもあるしちょっとぐらいなら行ってもいいかなんてことはあると思います。

ですが無駄なものは断る勇気を持ちましょう。

行きたくない=価値がない時点で無駄なものですし、他のことに使える時間まで使っているので、実はとてももったいないことをしています。

付き合いというものもあると思いますが、可能な限り避ける道を探したほうが後々プラスに働きます。

一方で価値のあるものには全力でお金を使いましょう。

自分のためになると本気で考えたものであれば成功しようが失敗しようが間違いなく将来の自分にプラスになります。

例えば資格などが考えやすいでしょう。

なんとなく資格持っておいた方がいいかなではだめです。

自分が本気になって今後の自分に必要と考えるものなら、適当に勉強することなく教材やスクールにお金をかけて基礎から学んだ方が知識の定着の仕方も違うし近道をすることができます。

これからは値段ではなく価値を見てお金を使うようにしましょう。

夢中になれるものを見つける

人は暇を持て余している時にお金を使いがちです。

なんとなく街でショッピングしていたり、なんとなく通販サイトを見ているとついついお金を使ってしまいます。

要は暇な時間が多ければ多いほど無駄なお金を使ってしまいます

そうならないために一番効果的なのは、夢中になれるものを見つけてしまうことがいいと思います。

これは何も勉強とか真面目なことではなくていいのです。

何か1つでも趣味を見つけてそれに没頭するというのもいいでしょう。

もちろんその趣味がとてもお金がかかってしまうというのであればその限りではありませんが。

費用のあまりかからない趣味に没頭できればお金を使う機会はぐんと減ります。

ここで私が一番おすすめしたいのが趣味に近い副業に力を入れるということです。

これには2つの効果があります。

1つ目は自分の趣味に近いまたは自分の趣味であれば楽しみながら継続することができます。

2つ目はその趣味で収益化することができれば、趣味に夢中になればなるほどお金が増えていくという好循環を生むことができます。

自分の力だけでお金を稼ぐということは思っている以上に難しくて楽しいことなんですよ。

最近ではITの力によって様々な分野の趣味で収益化することが可能な時代になっています。

何かひとつ自分の取り柄や趣味を見つけて是非行動してみましょう。

行動して初始めてわかることがありますよ。

今すぐできる節約の3つのテクニック

特に準備することもなく実行可能な3つの節約テクニックをご紹介します。

すでに実践している方はスルーしちゃってください。

固定費の削減

節約で無駄を削減する際に真っ先に手をつけるべきなのは固定費の削減です。

固定費とは公共料金など毎月一定の額がかかる生活に必要な費用です。

特に固定費として削減しやすいのが携帯料金です。

未だに大手の携帯会社を使っていませんか?

何か変えてしまった方が損というほどの理由を持っていれば大丈夫ですが、なんとなくや乗り換えるのがめんどくさいから使っているという方は今すぐ行動しましょう。

格安SIMに変えて月4000円ほど安くなれば毎年5万円も使えるお金が増えますよ。

しかも最初にめんどくさい乗り換えをしてしまえばそれ以降は何も労力がかかりません。

こんなにコストパフォーマンスが良い節約は他にないのでまだ行動していなければ是非実行してください。

自分の使えるお金を物理的に制限する

よくある方法ですが、自分が自由に使える口座には毎月一定の決めた額のみを入金してそのお金だけでやりくりするといった方法がおすすめです。

この方法は必要以上にお金を使うことができないし、気がついたらお金が貯まっているといった状況にできます。

何より強制的にというところが大事で、同じ口座にあればお金があるのを見てついついまだ使えるなという意識が出てしまいます。

実現が難しそうな人ほど残りのお金を封印すると思って普段使わない口座に入れて確認すらしないぐらいの荒療治が効果的かもしれません。

今であれば積立NISAなどを使って強制的に資産運用に回すといったこともおすすめですよ。

資産運用に回しちゃえば使えるお金にするために手間がかかってやる気が起きにくく、資産運用もできて一石二鳥です。

同じ結果になるなら安いものを

アプローチが違っても結果が全く同じになるなら安い方法を選びましょう。

例えば新幹線を乗る際に何も考えずに駅で切符を買って乗ると東京-名古屋間で11,300円かかります。

新幹線は値段が下がることはないですが色々な買い方ができます。

例えばEX予約というものを使うと年間1,100円の会員費がかかりますが、新幹線代が10,310円になり往復で乗っただけで元が取れます。

さらに乗れば乗るほど買い方の違いだけでお金が浮きます。

何年かに一回しか使わないものを労力をかけて安くする必要ありませんが、一定の頻度で使うサービスであれば安く利用する方法を確立しておくことでかなり節約することができます。

自分に合った節約方法を実行しよう

人によって生活スタイルは様々で節約に正解などはありません

大事なのは自分に合った節約を実行するといったことです。

節約方法は巷にありふれていますが自分に合ったものだけを実行して合わないと思ったものは辞めてしまって問題ありません。

節約をする際にストレスを感じてしまっていては意味がありません。

またその節約がどのぐらい効果があるものなのかもしっかり考えていきましょう。

簡単にできるからと「こまめに電気を消す」というもの実践してもいいのですが、効果は実感できるほどありません。

むしろストレスになってしまう可能性すらあります。

それよりも固定費を削る方がはるかに大きな効果を生み出してストレスも最初だけでほぼかからないようになります。

結局は価値や効果をしっかりと考えて自分の生活スタイルに合わせて最適化するということが最も大事でしょう。

そのためにも常に考えるという癖をぜひつけて人生を豊かにしていきましょう。

おすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です