お金の知識

【楽天SPUを完全攻略】知らないと損する最大16倍の活用方法【最新版】

楽天SPUって種類が多くて条件もいろいろで分かりにくいですよね。

この記事では複雑なルールの楽天SPUを攻略して楽天をお得に活用するためのお手伝いをします。

僕は昨年社会人になるのをきっかけに楽天をフル活用するようになりました。

普段使っているものを楽天に変えるだけで1年間で20万ポイント以上も稼ぐことができました!

ぎーすえ

年間20万ポイントを稼いだぎーすえが分かりやすく解説します。
楽天SPUは知らないと損することが多いので要チェックです!

この記事は次のような人におすすめです。

  • 楽天SPUを使って節約したい
  • 楽天SPUってどれを使えばいいのかよくわからない
  • 楽天ポイント興味があって使ってみたい

楽天を上手く使えば生活費を大きく節約できるので活用しないと損なので、楽天SPUがどんなものかしっかりと確認していきましょう。

楽天SPUの仕組み

楽天SPUとは

楽天のSPUとは、Super Point Up Program(スーパーポイントアッププログラム)の略です。

楽天が常時開催しているポイントサービスで、ポイントの倍率を上げていくことで楽天でのお買い物がお得になっていきます。

楽天SPUの獲得条件最新版(2020/04~)

2020年4月からの変更点
 楽天モバイル:2倍→1倍に変更
 楽天ひかり:1倍で追加

これらのサービスを使っていくことで、楽天市場でのお買い物の時に最大16倍のポイントがもらえます。

最初はこんなにあるの!?と思うかもしれませんがこれを覚える必要は全くありません。

使っていくうちに覚えていきますし、まずは重要なサービスを中心に使っていくことが大事です。

楽天SPUを攻略するための基本的な考え方

楽天SPUを使えば使うほどお得になる

楽天SPUは楽天のサービスを使えば使うほど楽天市場でのお買い物がお得になるというものです。

最大の16倍の状態なら楽天市場でのお買い物が常時実質16%OFFになるということです。

そのため楽天SPUを攻略するための基本的な戦略は楽天SPUにあるサービスで賄えるものはすべて楽天SPUのものを使うということです。

楽天SPUの中には、楽天モバイルや楽天でんきなど生活インフラに関わる部分もあるのでそういった基盤も乗り換えてしまうことが重要です。

本当に必要な楽天SPUのサービスを見極める

楽天SPUのサービスを使えば使うほどお得だと言いましたがすべてのサービスを活用するのは正直難しいです。

楽天じゃないものでもっとお得なサービスがあるならそれを使うべきだし、使わないのにポイントのためだけに楽天SPUを使うのも違うと思います。

自分が利用するサービスで楽天に変えてもお得になるサービスを活用していくことで節約効果が高まります。

楽天SPUを高めることが手段から目的にならないように注意しましょう。

楽天SPU攻略おすすめランキング

楽天SPUを攻略していくために活用するべきサービスをランキング形式で紹介していきます。

以下の基準で点数をつけています。

  • メリット
     サービス単体の使い勝手でおすすめできるほど高評価
  • コスト
     SPUの条件を達成するために必要なコストが低いほど高評価
  • 手軽さ
     サービスを使うまでの手間が少ないほど高評価
  • ポイント効率
     1つのサービスで上がる倍率が高いほど高評価
  • ポイント消費
     期間限定>通常>使用できないの順で高評価
  • 総合評価
     メリットとポイントのコスパを重視して評価

楽天カード(★5)

楽天の中でも有名な楽天カード
年会費は無料で学生や主婦でも発行できるコストのいいクレジットカードの代表格です。
僕もポイントが貯まるのでほどんど楽天カードしか使っていません。

>>楽天カードの解説記事はコチラ

項目 内容 評価
メリット 楽天カード単体でも十分に活用できてお得 5点
コスト 年会費無料のためコストなし 5点
手軽さ カード発行の申し込みが必要 3点
ポイント効率 2倍 5点
ポイント消費 通常ポイントをカードの支払いに使うことができる 4点
備考 カード発行だけで5000ポイントもらえる
総合評価

楽天証券(★4.5)

ネット証券の中でも使いやすさや手数料の安さでトップを争う楽天証券
ポイントを使った投資もできるのでポイントを実質現金化できるのが強み。
僕は楽天証券でつみたてNISAの投資をしています。

項目 内容 評価
メリット 楽天証券は利用ユーザーの多い優秀なネット証券 5点
コスト ポイント含めた1回で500円以上の投資が必要
少額投資のため大きく損をすることはない(ほぼコストはない)
5点
手軽さ 楽天証券の口座申し込みが必要 3点
ポイント効率 1倍 4点
ポイント消費 通常ポイントで投資が可能 4点
備考 楽天銀行と組み合わせるとお得
総合評価

楽天銀行+楽天カード(★4.5)

楽天銀行

楽天が運営するネットバンクの楽天銀行
ポイントが貯まるだけでなく取引手数料が無料、メガバンクよりも金利が高いなどネットバンクならではの魅力も多い。
僕はサブの銀行として楽天銀行を使っています。

>>楽天銀行の紹介記事はコチラ

項目 内容 評価
メリット 楽天銀行は手数料無料にできる優秀なネット銀行 5点
コスト 口座開設無料のためコストなし 5点
手軽さ 楽天銀行の口座申し込み+ 楽天カードの引き落とし設定が必要 2点
ポイント効率 1倍 4点
ポイント消費 振込手数料に使用可能 3点
備考 楽天証券と組み合わせるとお得
総合評価

楽天市場アプリ(★4)

楽天市場をスマホから使えるようにした楽天市場アプリ
アプリを使って購入するだけで+0.5倍になるので必ず使った方がいいです。
僕はPCで商品をカゴに入れてアプリから購入しています。

項目 内容 評価
メリット デメリットはないので楽天市場で購入するときに必ず使うべき 5点
コスト 無料のアプリのためコストなし 5点
手軽さ アプリから購入するだけで簡単 5点
ポイント効率 0.5倍 3点
ポイント消費 特になし 2点
備考 一部アプリから購入できないものもあり
総合評価

楽天モバイル(★4)

新しくなった楽天モバイル
未知数な部分も多いけど大手キャリアよりお得なのは間違いないです。
僕も新しい楽天モバイルに申し込んであります。

項目 内容 評価
メリット 大手と同程度の使いやすさで安い格安SIM 5点
コスト スマホ代が必要
格安SIMのため乗り換えでお得になるケースが多い
4点
手軽さ 楽天モバイルの契約が必要 3点
ポイント効率 1倍 4点
ポイント消費 期間限定ポイントでスマホ代の支払いが可能 5点
備考 新サービスになるため不具合などが多い可能性あり
期間限定ポイントの使用先として使いやすい
総合評価

楽天プレミアカード・楽天ゴールドカード(★4)

楽天カードをゴールドまたはプレミアムにアップグレードすることでさらにポイントが貯まりやすくなります。
年会費がかかるものの楽天市場の利用金額次第で簡単に元が取れます。
僕はかなり楽天市場を使うので楽天プレミアムカードです。

項目 内容 評価
メリット 楽天カードに各種保証やサービスが追加される 4点
コスト 楽天ゴールドカード:年会費2,200円←オススメ
楽天カードプレミアム:年会費11,000円
(ゴールドなら楽天市場で年間11万円使えば元が取れる)
4点
手軽さ カード発行or切り替えの申し込みが必要 3点
ポイント効率 2倍 5点
ポイント消費 楽天カードと同じ 4点
備考 グレードが上がることで
クレジットカード自体の特典もアップ
総合評価

楽天の保険+楽天カード(★3.5)

楽天の保険を楽天カードで支払うとポイント倍率が上がる。
保険を変えるのは大変だけどポイント倍率がいいのでできれば獲得したいところ。
僕は個人賠償責任の保険に入っています。

項目 内容 評価
メリット 個人賠償責任保険であれば入る価値あり 4点
コスト 最安値:200円/月
(毎月2万円以上楽天市場で買い物するなら加入した方がお得)
4点
手軽さ 楽天の保険申込+
楽天カードでの支払いが必要
2点
ポイント効率 1倍 4点
ポイント消費 保険の種類によっては使用可能 2点
備考 保険の支払いが発生した月のみポイント倍率アップ
(年払いだと支払いが発生した月のみしかポイント倍率が上がらない)
総合評価

楽天でんき(★3.5)

電力自由化に伴い登場した楽天でんき
特にデメリットや工事などなく切り替えられるので意外と使いやすい。
僕は2019年11月から切り替えて使っています。

>>楽天でんきの紹介記事はコチラ

項目 内容 評価
メリット 切り替えが簡単で料金も安くなるのでおすすめ 4点
コスト 月々の電気代
大手から切り替えるとお得になるケースも多い
4点
手軽さ 楽天でんきのお申込み 3点
ポイント効率 0.5倍 3点
ポイント消費 期間限定ポイントも電気代に使用可能 5点
備考 キャンペーンで2000ポイントもらえる
期間限定ポイントの使用先として使いやすい
総合評価

楽天ビューティ(★3.5)

全国の美容室やマッサージを検索できる楽天ビューティ
美容室やマッサージは定期的に使うと思うので比較的狙いやすいサービスです。
僕は必ず楽天ビューティから美容室の予約をしています。

項目 内容 評価
メリット 美容室を楽天ビューティから予約するだけでいいので使い勝手がいい 4点
コスト 予約後の施術(3,000円以上)
ポイントのために使うにはコスパがよくない
3点
手軽さ 楽天ビューティから予約するだけ 4点
ポイント効率 1倍 4点
ポイント消費 期間限定ポイントも使用可能 5点
備考 期間限定ポイントの使用先としておすすめ
総合評価

楽天トラベル(★3)

国内旅行がかなり充実している楽天トラベル
旅行をよくする人にはおすすめですが、旅行をしない人は使う機会がないサービス。
僕はたまにある旅行の時に楽天トラベルで探すようにしています。

項目 内容 評価
メリット 旅行をする際には安いプランも見つかるのでおすすめ 3点
コスト 旅行代(5,000円以上)
ポイントのために使うにはコスパがよくない
3点
手軽さ 楽天トラベルで申し込むだけ 4点
ポイント効率 1倍 4点
ポイント消費 期間限定ポイントも使用可能 5点
備考 旅行の予約をした月のポイントの倍率が上がり
実際に旅行することでポイントが確定する
総合評価

楽天ブックス(★3)

本だけではなくゲームなどの取り扱いもある楽天ブックス
送料無料ですぐに届くし、ポイントが貯まって使えるので本屋より使いやすい。
僕は毎月必ず気になった本を買うようにしています。

項目 内容 評価
メリット 本屋で本を買うよりメリットがある 3点
コスト お買い物(1,000円以上)
ポイントのために使うにはコスパがよくない
3点
手軽さ 楽天ブックスで購入するだけ 5点
ポイント効率 0.5倍 3点
ポイント消費 期間限定ポイントも使用可能
ポイント支払いの場合SPUの一部ポイントが加算されません
5点
備考 楽天ブックス独自でキャンペーンをやっていることが多い
総合評価

楽天Kobo (★3)

電子書籍を提供している楽天Kobo
電子書籍はかさばらないし、まとめ買いで安くなることが多くなるので読書が好きな人にはおすすめです。
僕は電子書籍も毎月必ず買うようにしています。

>>楽天Koboの紹介記事はコチラ

項目 内容 評価
メリット 本をよく読むならまとめ買いで安い電子書籍としておすすめ 3点
コスト お買い物(1,000円以上)
ポイントのために使うにはコスパがよくない
3点
手軽さ 楽天Koboで購入するだけ
(別途、電子書籍リーダーの用意が必要)
4点
ポイント効率 0.5倍 3点
ポイント消費 期間限定ポイントも使用可能
ポイント支払いの場合SPUの一部ポイントが加算されません
5点
備考 まとめて買いクーポンがよく発行されます
総合評価

楽天ひかり(★2.5)

新しくSPUに加わった楽天ひかり
光回線は契約の縛りやマンションによって使えない場合もあるので難しいかもしれない。
僕はマンションにWiFiがついているので使えていません。

項目 内容 評価
メリット 光回線を替えるタイミングなら一考の余地あり 3点
コスト マンションプラン:4,180円
ファミリープラン:5,280円
光回線自体で安くならないとコストは悪い
3点
手軽さ 楽天ひかりの申し込み
場合によっては工事も必要
2点
ポイント効率 1倍 4点
ポイント消費 なし 2点
備考 タイミングよく替えられる人でなければメリットはうすい
総合評価

Rakuten Fashion (★2.5)

楽天で有名ブランドの服が買えるRakuten Fashion
スーパーDEALなどセールも多くやっているが、ポイント倍率が低いのが難点。
僕はポイント倍率を上げたい時に欲しい服を探して買っています。

項目 内容 評価
メリット 自分の好きなブランドがあれば安くなるのでおすすめ 3点
コスト 3,980円以上購入しないと送料550円がかかる
ポイントのために使うにはコスパがよくない
3点
手軽さ Rakuten Fashionで購入するだけ 4点
ポイント効率 0.5倍 3点
ポイント消費 期間限定ポイントも使用可能 5点
備考 スーパーDEALでかなりやすくなることがある
総合評価

楽天TV・NBA Rakuten (★2.5)

野球やバスケの試合を見られる楽天TV
ポイント効率がいいが、興味がない人にとっては契約する意味がないのが難しいところ。
僕は野球が好きなのでキャンペーン中に加入しました。

項目 内容 評価
メリット 野球(パ・リーグ)やバスケが好きならおすすめ 3点
コスト パ・リーグは月額702円or年額5,602円
楽天市場で7万円以上使う時があれば1ヵ月だけ加入するのもあり
3点
手軽さ 楽天TV契約の申し込み 3点
ポイント効率 1倍 4点
ポイント消費 なし 2点
備考 まれにキャンペーンで格安で契約できる場合あり
総合評価

楽天Pasha (★2)

指定の商品を購入したレシートの写真を送ることでポイントがもらえる楽天Pasha
商品の偏りがある、ポイントの効率がよくない、条件達成のハードルが高いなど現状では使いづらいです。
僕はどうしても倍率を上げたい時だけ使っています。

項目 内容 評価
メリット 現状の使い勝手ではメリットがうすい 2点
コスト 最安でも1000円程度の商品の購入が必要
ポイントのために使うにはコスパがよくない
2点
手軽さ 指定商品の確保が必要
購入後レシートの撮影と送信と手間が多い
2点
ポイント効率 0.5倍 3点
ポイント消費 なし 2点
備考 宇佐美のガソリンスタンドを使える人は安定して使える
総合評価

楽天SPU攻略上の注意点(順次追加)

SPUで上げたポイントは何をすればもらえるの?

楽天SPUで上げたポイント倍率は、楽天市場での商品購入に適用されます。

そのためいくらSPUを上げても楽天市場でお買い物をしないと意味がないのです。

とはいっても不要なものを買う必要はなく、普段買っているものを楽天で買うようにすればいいんですよ。

特にお米やお酒といった重い物などはネットで買う方が楽だったりしますよね。

必要なものを楽天で買って賢くポイントを貯めましょう!

全部のサービスをやらないとだめ?

SPUを最大まで上げる必要はある?

ついつい倍率を上げることに夢中になって要らないサービスまで使ってしまいがちです。

ですがそれではせっかくポイントで浮いた分も意味がなくなってしまいます。

重要な点は今使っているサービスを楽天に変えて同じか安くなるものを使う、必要なサービスを使うということを心がけることです。

ある程度使いやすいサービスだけで10倍ほどは達成できるので自分の生活に合ったサービスを使うように心がけましょう。

ポイントはいつまでも使える?

SPUでもらえるポイントには期限があります。

大体1ヶ月ほどで切れてしまうので定期的に確認・使用することが大事です。

このポイントは毎回楽天市場で使わないといけないというわけではありません。

たとえば町中に楽天ポイントが使えるお店があるのでそういったお店でポイントを使えば日常に使う分を楽天ポイントで賄うことができます。

楽天ペイアプリを経由すればコンビニでも使えるので使い道に困るということはほぼありません。

ポイントは無限にもらえるの?

SPUにはポイントが付く上限があります。

通常使用の範囲では届かないことが多いので安心してください。

ただ引っ越しなどで必要なものを買ったなど一度に30万円とか使用してしまうとポイントが上限に達してしまう場合があります。

上限に達しやすいものとして、楽天ゴールドカード(5000P)→166,666円利用で到達、次点で楽天モバイル(5000P)→250,000円利用で到達が挙げられます。

ポイントはいつ手に入るの?

基本的には利用した翌月の15日に期間限定ポイントが付与されます。

異なるものは

  • 「楽天銀行+楽天カード」「楽天の保険+楽天カード」→翌々月の15日
  • 「楽天トラベル」「楽天ビューティ」→旅行・施術した月の翌月15日

ですので気になる方は覚えておきましょう。

何を買ってもポイントの対象?

一部ポイント付与の対象外となるサービスがあります。

※ 下記お買い物・料金は対象外とさせていただきます。
■ 予約購入(ただし楽天ブックスとKoboは対象)
■ 定期購入・頒布会
■ 送料またはラッピング料
■ 1商品ごとの購入金額が100円に満たないお買い物(ポイント付与時点)
■ 在庫切れまたはキャンセルされたお買い物
■ 楽天西友ネットスーパーでのお買い物

SPUが今何倍か確認する方法は?

楽天市場のトップページで確認することができます。

楽天SPUはすこしばかり複雑な構造をしているためよく理解しないと付与されなかったり余分に使ってしまったりします。

しかし楽天SPUの複雑さを乗り越えた先に最大16倍の圧倒的なお得が待っているので徐々に慣れていきましょう。

疑問点があればいつでもコメントしていただければ解答追加します!

楽天SPUを攻略して上手に節約しよう!

楽天SPUのサービスをすべて紹介しました。

自分に必要なサービスをできるだけ楽天に変えることでお得に楽天市場でお買い物しましょう。

慣れてくれば楽天でまとめてしまうと意外と使いやすい&ポイントがかなり貯まるということが実感できます。

最初は申し込みなど面倒なことも多いですが、乗り換えた後のお得度はとてつもないです。

ゆっくりでいいので少しずつ乗り換えていきましょう。

おすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です