お金の知識

【楽天ふるさと納税】ポイントで稼げる!おすすめする理由を紹介します

来年から住民税が発生するぎーすえです。
ぎーすえのような社会人一年目でも来年の住民税からふるさと納税分は控除されるのでふるさと納税はやっておくといいですよ。
自身の再勉強もかねてふるさと納税についてと、楽天ふるさと納税が最強な理由をお伝えします。

ふるさと納税について

ふるさと納税の経緯

なぜふるさと納税ができたかを押さえておきましょう。

そこで、「今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた「ふるさと」に、自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があっても良いのではないか」(出典:「ふるさと納税研究会」報告書)、そんな問題提起から始まり、数多くの議論や検討を経て生まれたのがふるさと納税制度です。
総務省|ふるさと納税ポータルサイト|よくわかる!ふるさと納税

このように、本来は自分の生れ育ったふるさとに少しでも還元しようというのがふるさと納税です。しかしながら、実態は自治体が返礼品で納税者を獲得しあう事態になっており、有力な返礼品のない自治体が困っているといった具合です。私も、返礼品で選んでしまっていますが、この制度の意味は忘れないようにしたいと思っています。

実際の制度

納税とありますが実際は、都道府県、市町村への「寄附」です。

一般的な自治体への寄附では、確定申告を行うことで、その寄附金の一部が所得税及び住民税から控除されます。

一方でふるさと納税は原則として自己負担額の2000円を除いた全額が控除の対象です。

例えば、30000円の寄附を行った場合、2000円を除いた28000円分が所得税と住民税から控除されることになります。

どの程度、寄附できるかはその方の収入やほかの控除などによって変わります。簡易なものなら総務省のHPやふるさと納税サイトで計算できます。

ふるさと納税の流れはこちら
(総務省|ふるさと納税ポータルサイト)

ふるさと納税の申込期限

ふるさと納税は1月1日から12月31日まで、年間を通じて申し込むことができます。しかし、今年1年の所得に対する控除を受けるためには遅くても12月中にふるさと納税を行う必要があります。

これから、ふるさと納税をする人も増えていくと思うので年末ぎりぎりに申し込んで失敗するなんてことの無いように早めに申し込みをしましょう。

なぜ楽天ふるさと納税が最強なのか

楽天ユーザーでふるさと納税するなら楽天ふるさと納税一択です。

ポイント還元がある

楽天ふるさと納税では、寄附額に対して楽天スーパーポイントが還元されます。しかも、SPUの対象です。つまり、寄附額の最大16%がポイントとして返ってくるのです。これは、破格としか言いようがありません。

▼▼楽天のSPUについてはこちら▼▼

https://gisuekawazu.com/finansial/rakuten/spu/

お買い物マラソンにも対応

さらに、驚くべきことに楽天お買い物マラソンのショップ数にカウントされ最大10%のポイントが付きます。SPUと合わせれば最大25%ポイントの還元があります。寄附なのにいいのでしょうかと思いますがもらえるものはもらっておきましょう。

実際にふるさと納税をしてみた

今年から社会人なのでふるさと納税をしてみました。控除は来年の住民税からされるので新入社員の人でもふるさと納税をできます。楽天で納税額を調べてみたら40000円ほどだったので40000円を寄附することにしました。

寄附先

【ふるさと納税】A-043a.【新米】佐賀県産さがびより無洗米(2kg×2)
寄附額:5000円
選択理由:普段消費するお米として


寄附額:5000円
選択理由:ラーメンがおいしそうだった。常温で日持ちすることに魅力を感じる。

【ふるさと納税】【A-191】鉄板焼 ハンバーグ デミソース 20個
寄附額:10000円
選択理由:冷凍ハンバーグが20個も手に入るため食費が浮く。また、ハンバーグを自炊することがないのでいいと思った。


寄附額:10000円
選択理由:非常食としても取っておけるため食べ損ねることもなく消費できる。


寄附額:10000円
選択理由:配送時期を選択できるため今年のうちに寄付をして、今ある米を消費できた頃に配送されるようにした。

戦略まとめ

私は、一人暮らしということもありまず消費しきれるかどうかという問題が大きかったです。お肉とか、ぜいたく品も家族とかいればいいかもですが一人で食べてられませんからね。

日持ちする、かつ食費が浮くという選択肢で絞っていったところ半分以上お米になりました。正直、計画的にふるさと納税をして消費するお米全部をふるさと納税でまかなうのもありかもしれません。来年はそうするかもです。

ハンバーグとラーメンは日持ちして単純においしそうだったので満足してます。

どれぐらいの効果があるのか

私の場合は40000円の寄附なので、まずは2000円の自己負担があります。

返礼品は3割まで総務省が通達しているので、3割と仮定すると12000円分の商品が返ってきたことになります。(あくまで、その商品をお金で買っていたらという計算です。また、返礼率は必ず3割というわけでもありません。)

この時点で10000円プラスの効果がありますね。

さらに、楽天のSPUとお買い物マラソンで20%のポイント還元を受けました。8000ポイントがもらえます。

合計してなんと18000円分の経済効果が出ています。ふるさと納税をするだけでここまでお得になるとは驚きです。

まとめ

ふるさと納税と楽天ふるさと納税のメリットを紹介しました。

ふるさと納税をうまく活用することで、ちょっと贅沢できたり、食費を浮かすことができます。さらに、楽天ふるさと納税なら楽天スーパーポイントが手に入ります。

ふるさと納税を行うか迷っている人は行った方がお得になることが多いはずなのでぜひやってみるといいと思います。
私も、思ったよりお得になって、返礼品もおいしいものが多くとても満足しています。

おすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です