プログラミング学習

プログラミング初心者に独学をおすすめしない7つの理由

プログラミングを
始めたい人

プログラミングやってみたいけど独学ってできるのかな?完全初心者には難しいのかな?

プログラミングを始めようと思っている人なら一度はこのように悩んだことがあると思います。

僕の意見は、「独学で学ぶことはもちろんできるけど非効率だしおすすめしない」というものになります。

どうしてもプログラミングの勉強に対してお金を払いたくないとか、独学で苦労してこそ力がつくという方もそれはそれでもちろんいいと思います。

最近では無料で学ぶことのできるツールも充実していますからね。

ただ、プログラミングを始めようと思っている人の多くはプログラミングを使って手に職をつけて、転職したり副業してみたりで収入を上げたいという方がほとんどではないでしょうか。

そういった目的があるなら、少しでも早く効率的にプログラミングを学んでさっさと転職してしまった方が確実にリターンが大きいです。

もし、途中でプログラミングが合わないと感じても一定期間は返金保証があるスクールも増えてきているので大丈夫です。

人生を変えるために必要な出費まで抑えてしまっていては人生を変えることはかなり難しくなります。

この記事では、独学でプログラミングを学ぶことをおすすめしない理由を詳しく解説していきます。

ぎーすえ

独学で学ぶ前に今一度独学のメリットとデメリットをしっかりと考えてみましょう。

プログラミング初心者に独学をおすすめしない理由

学ぶ順番が分からない

まず、独学で最初に躓くところは何をどのように勉強していけばいいか分からないということですね。

学ぶべき言語は調べればだいたいWEB系の言語を学ぶといいと出てきます。

とは言っても、言語は1種類ではないのでどの言語から学ぶべきかという問題が発生し、言語同士の関係性もよくわかっていないうちにどの順番で学ぶべきが分かるはずもありません。

また、最終的に何がしたいかでも効率よく学ぶ順番というものは変わってきたりします。

関連性のある言語を同時に学んだ方が効率がいいこともあります。

そこまで考えて初心者が勉強をすることは厳しいので、やはり独学だと学習の効率は下がってしまいます。

自己流で覚えてしまう

プログラミングは書き方がどうであれ、同じ意味を表す構文であれば同じように動きます。

そのため、同じ動作のプログラムでもきれいなものもあればとても汚い(理解しづらい)コーディングのものもあるのです。

初心者はコードの書き方まで気にする余裕は基本的にないと思うので可読性の低い汚いコーディングになりがちです。

もちろん、それでも動けばプログラミングとして問題ないのですが、プログラミングを仕事としていくつもりなら問題があります。

プログラミングは規模が大きいと決して一人でやるものではないので、ちゃんと動くのと同じくらいちゃんと読めるコードであることが重要になってきます。

そのため、プログラミングを学ぶ段階からそういったコードの読みやすさも意識していくべきなのですが、独学だとレビューも受けられないのでなかなか改善することができません。

一度自分のコードの書き方に慣れてしまうと、いざ直そうとしたときにかなりの労力がかかることを覚悟する必要があります。

完璧を求めてしまう

プログラミングは奥が深く、どこまで勉強しても完璧に理解できるということはありません。

しかし、まだ理解できていないからとひたすら基礎を勉強し続けるといったことが独学だと起こりやすいです。

プログラミングでよく言われることですが、参考書などで学ぶことと実際に成果物を作ることではかなり大きな差があります。

実際に自分が作ってみたいと思ったものを作ってみることで、足りない知識や分かっていないことが浮き彫りになってきます。

バグの解消で挫折する

プログラミングではどれだけできる人がやってもバグというものは発生してきます。

初心者なんて言ったら、それこそもうバグだらけ。

ある程度経験値があると大体どこら辺がおかしいのか分かったり、エラー文で分かるようにはなります。

しかし、バグをある程度理解できるようになるまでにはかなりの時間がかかるのでエラーで先に進めずプログラミングの勉強が止まってしまうことも多いです。

バグを自力で直していく力ももちろん重要なのですが、最初のうちはバグの解消よりもどんどんコードを書いて慣れることに力を注ぐべきです。

一人で続けると挫折しやすい

分からないことが出てきたり、バグが発生したりでプログラミングが止まってしまうことが多々あります。

上手くいかないとき一人だと、自分は向いていないのかななど心配や不安になったりして結局挫折してしまうということがよくあります。

同じように苦戦しているけど頑張っている仲間がいるということを意識できるだけでも心持ちがかなり変わると思います。

さらに、挫折しそうなメンタルのときにしっかりとフォローしてくれる人がいると挫折を乗り越えやすくなりますね。

環境を構築することができない

学ぶ段階では学習ツールが用意した環境でコードを書けば実行できて結果を見れるというものが多いと思います。

しかし、実際にサービスとして他の人も見える形で何かを作りたいとなった時にはそのプログラムが動作する環境が必要となります。

例えば、せっかくHTMLでWEBページを作ってもサーバーやドメインといったものを用意しなければ後悔することができません。

プログラミングだけでも苦労しているのに、さらにサーバーやらIPアドレスやら分からない単語が増えていく一方です。

実際に動くものを作るというのは単にプログラミングだけを学ぶよりもさらに難易度が上がるんですね。

ゴールを設定しにくい

スクールであれば最終成果物はある程度難易度も加味してちょうどいいものが設定されていると思います。

しかし、独学だとどのような成果物がちょうどいいレベルで実現できそうか見極めるのは難しかったりします。

簡単そうに見えた動作が実は意外と難しい仕組みで動いていたりもします。

作りたいと思ったものをどんどん実装していける人ならいいですが、初めて作る人は目標を決めて次々と進めていくのは難しいと思います。

参考書に載っているサンプルコードやネットに後悔されているものもピンからキリまであるので注意が必要です。

やはり、明確な目標がないと妥協してしまったり途中で投げ出してしまうことも多くなるでしょう。

独学で難しいことがスクールで解決できる

独学をおすすめしない理由を7つ紹介しましたが、これらすべてをプログラミングスクールに入ることで解決できてしまいます。

  • 学ぶ順番が分からない
    ⇒スクールのカリキュラムは初心者が理解しやすい順番でしっかりと組まれています。
  • 自己流で覚えてしまう
    ⇒メンターが付くのでソースコードのレビューの際に指摘してもらえます。仲間と作業するときもあると思うので他人と作業するという感覚も学べます。
  • 完璧を求めてしまう
    ⇒完全に理解していなくても講義は進むので割り切って進むことができます。もちろん、分からないことは質もできます。
  • バグの解消で挫折する
    ⇒メンターや質問できる環境が用意されているので、いつまでも一人で悩み続ける必要がなくなります。
  • 一人で続けると挫折しやすい
    ⇒メンターなど進捗を管理してくれる人が付いてくれるので不安や心配事をため込むことがなくなります。また、仲間もできてお互いのモチベーションを上げていくことができます。
  • 環境を構築することができない
    ⇒スクール側が環境を用意してくれているか、環境を作ることも教えてくれます。
  • ゴールを設定しにくい
    ⇒しっかりと実現できるレベルの最終成果物を用意してくれます。目標を明確にできるので途中で挫折することが少なくなります。

このように、プログラミングスクールには独学では難しい部分をしっかりとカバーしてくれる役割があるのです。

個人的に一番おすすめだと思うプログラミングスクールがテックキャンプエンジニア転職です。

上記で上げたすべての部分をカバーできている質の高い学習をすることができます。

値段もかなりするのですが、コストパフォーマンスで考えるとかなりお得ですし、サポートや保証も手厚いので本気でプログラミングを始めたいならテックキャンプエンジニア転職かなと思います。

まとめ

プログラミング初心者に独学をおすすめしない7つの理由を解説しました。

プログラミングに興味を持っている人は多い一方で、プログラミングはとっつきにくくかなりの挫折率を誇るものだと思っています。

しかし、一度どの言語でもいいのでしっかりと基礎から何か作るところまでを通して学ぶことができたら、プログラミングは他の言語にも応用できる心強いスキルになることは間違いないです。

その最初の挫折の壁を超えるためにプログラミングスクールを活用するのはとても賢い方法だと思っています。

独学とスクールでは学びの効率には雲泥の差があります。

ただでさえ変化の激しい業界なので1年や2年出遅れるだけでもトレンドは変わっていたりもします。

何が一番重要なことなのか本質を見極めて自分に合ったスタイルでプログラミングを身につけていきましょう。

おすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です