プログラミング学習

【Progate】HTML&CSSコースを全力でやってみた【有料版】

ProgateのHTML&CSSコースって初心者でもできるレベルなの?

ぎーすえ

基本的なことから学べて初心者でももちろんOK。

お手本と解説に従っていけばオシャレなランディングページの作り方が学べますよ!

ProgateのHTML&CSSコースを修了しました!

この記事では、これからHTML&CSSコースを学ぶか迷っている人に向けてコースの概要や感想をお伝えします!

プロゲートHTML&CSSコースの全体像

コースの所要時間

コース名修了時間目安かかった時間
HTML&CSS 初級編[学習コース]3h50m50m
HTML&CSS 中級編[学習コース]4h30m1h
 HTML&CSS 初級編[道場コース]2h30m1h
 HTML&CSS 中級編[道場コース]3h20m1h30m
HTML&CSS 上級編[学習コース]2h25m
 HTML&CSS 上級編[道場コース]1h40m30m
HTML&CSS Flexbox編[学習コース]1h10m
合計18h50m5h25m

かなり全力でやったつもりですがそもそものボリュームが初級・中級でかなりあるのでかなり時間がかかってしまいました。

特に、道場コースは細かい違いで進めないことも多く見た目以上に時間がかかると言えます。

上級編とFlexbox編はレスポンシブルに関する内容で、最初の段階ではそういうのがあるんだという認識ぐらいで問題ないと思います。

とにかく中級編が一番の山場です。

HTML&CSSの立ち位置

Webページを作る際の見た目に関する部分でフロントエンドの基本中の基本となってきます。

Webアプリを作る際にも必要になる知識ですし、これ単体だけでもマスターできればランディングページ(LP)を作ることだってできます。

プログラミングにありがちな計算などがメインではなく、文章を飾り付けていくといったものなので比較的とっつきやすいとも思います。

いつも見ているWebページもHTML&CSSで動いているわけですから、一番身近にあって見かける機会も最も多い言語だと思います。

プロゲートHTML&CSSコースの感想

全体のレベル感

このコースを学びきることで1ページのレスポンシブに対応したLPを作るほどの知識を学ぶことができます。

講義自体はわかりやすく、1つずつ出てくる課題をクリアしていくとだんだん自分が作っているLPが出来上がっていくというのはなかなか楽しいものです。

しかし、いざ自分で作るとなる道場コースをやるとわかるのですが、一から作ると慣れるまではかなり難しいと思います。

どのような構造でHTMLとCSSを使っていくか考えていかないと意図しない見た目になってしまい細かいずれに気づけず致命的になってしまうこともしばしば。

そこら辺の解説は尺の関係か特になかったのでひたすらLPを模写して感覚をつかんでいくしかないのかなと思いました。

ブロガーにオススメ

ブログやっている人にHTMLとかCSSの知識は必要かっていう議論がたまにありますが、このぐらいのレベルの知識を身につけておくことはプラスになると思いました。

正直、デフォルトのままでいくと他のブログと差別化をするのが難しく見たことあるような見た目になってしまいがちです。

そこでちょっと凝った見た目にしようと思うとHTMLとCSSの知識は少しは必要になってきます。

たとえコピペコードだとしてもどんなものかイメージすらできなかったらエラーの原因になったり、意図したものにできないことが多いと思います。

パッとコードを見てどこを触っているかイメージできるぐらいの知識は学べるので長い目で見るなら身につけておいて損はないですね。

実践するには物足りない

このコースを修了することでバンバンLPを作っていけるかというとちょっと厳しいと思います。

インプットは基本的なことだけだし、アウトプットに関しては圧倒的に足りてないですね。

いざ何か作ろうと思ったら、手が止まってしまう人が大半だと思います。

僕も、LPを作っていきたいと思っていますがとにかくLPの模写なりでアウトプットを重ねて量を積み重ねていく必要があるのかなと思います。

分からないとこが出てくるたびにProgateに戻って復習するのはいい活用の仕方かなと思いました。

まとめ

ProgateのHTML&CSSコースの紹介をしました。

基本的な知識が身について、見た目にもわかりやすいものなので初めてプログラミングする人もHTMLとCSSから入るのはいい順番だと思います。

やっぱり派手に見た目が変わっていくので、自分が作っているという感覚が味わえて面白いです。

ただ、あくまで最初のウォーミングアップというレベル感なので本番はコースを終えてから実際に手を動かしてく段階のときですね。

おすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です