本の紹介

真に自由な人生を目指すために【お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方】

定義
Definition

【目標】
Goal
真に自由な人生を生きること。

【自由】
Liberty
何ものにも束縛されない状態。

【経済的独立】
Finantial Independence
国家にも、会社にも、家族にも依存せず、
自由に生きるのに十分な資産を持つこと。

【近道】
Shortcut
最短距離で目標に到達できる、少数の人しか知らない方法。

【黄金の羽根】
Golden Feather
制度の歪みから構造的に発生する”幸運”。
手に入れた者に大きな利益をもたらす。

このような定義から始まる橘玲さんの【お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方】

この本では真に自由な人生を目指すために、経済的独立をする方法、どのような近道があるか、黄金の羽根はどこに落ちているのかが紹介されています。

リベ大の両学長もおすすめしている本で、読んでみるとわかりますが両学長の発信内容と重なるところが多いです。

そのため僕の考え方もおおむねこの本と同じ価値観になっているなと読みながら思いました。

この本では人生を最適設計するために「資産運用」、「マイクロ法人」、「働き方」の3つの観点で話が進んでいきます。

この内マイクロ法人に関しては起業しなければ実践できないので万人に対して有効であるわけではないです。

しかし残りの資産運用と働き方に関しては多くの人にとって必ず参考になる部分があるといえます。

「知識社会」では、必要な情報を的確に入手し、それを活用する知識を有している人は、いくらでも近道ができます。そうでなければ、ひたすら回り道をするほかありません。「知識」が価値を持つとは、そういうことです。

現代では知識量によって経済格差が拡大しているという現実があります。

知っていればうまく制度を使って資産を守れる、知らなければ余分に資産が搾取されていく、そんな社会になっているのです。

税金なんかがいい例ですね。

税金の勉強は学校で教えてくれるということはほぼないでしょう。

しかし税金の知識がないと控除などの制度活用できずに納めなくてもいい税金まで納めているかもしれません。

税金の知識がある人はあれやこれや手を使って必死に税金を減らそうとします。

これだけの違いでもお金を貯めるスピードはまるで変わってきます。

つまり知識があるかないかで人生設計が大きく変わってしまうのです。

わたしたち凡人は、それなりに生活を楽しみながら、できるだけ辛い思いをせずに、経済的に豊かになりたいと考えています。幸福を犠牲にしてお金を貯めても何の意味もありませんから、この考えは間違ってはいません。しかし、何の努力もせずに金持ちになれるほど世の中が甘くないのも事実です。

豊かな人生を目指すために常に意識したい言葉です。

世の中の大半の人は幸福を犠牲にしてまで経済的豊かさを求めていません。

日々が楽しくて幸せならそれでいいのです。

しかしそのままではあくまで凡人でお金持ちになることはできない。

何ものにも縛られない経済的自立を目指すためには、日頃の生活の中でちょっとずつでも努力する場面を増やしていかなければなりません。

最終的な目標が自由な人生なら、この努力の積み重ねが必要でしょう。

資産運用の初期においては、金融資産に投資するよりも、人的資本に投資した方が合理的です。なぜなら、他人はあなたのために働いてくれませんが、あなたはあなた自身のために真剣に働くだろうからです。

資産運用と聞くとどうしても金融資産に投資をしていくことを想像しますが、人的資本に投資をすることも自分という資産を運用していくことに他なりません。

決して裏切ることのない唯一の存在である自分に投資をするということは合理的です。

知識というものは決して失うということはないし、長い人生において必ず活躍する場面が出てきます。

特に若いうちの方が記憶力や知識の定着力も高く人的資本への投資に向いています。

大きく金融資産に投資をしていくのは十分に知識が身に付いてからでも遅くはないと思います。(知識を身につけるためにも小さく金融資産に投資を続けていくことは推奨します。)

「金持ちはケチだ」とよく言われますが、これは理論が逆で、「ケチだからこそ金持ちになれた」のです。

お金を貯めるには「収入>支出」の状態を作るしかありません。

収入というのは簡単に増やすことができませんが、支出は気を付けるべき点をおさえれば大きく減らすことができます。

このことを知って実践しているからこそ金持ちになれるのだと思います。

もちろん他人にまで影響を与えるほどケチになるのは違うと思います。

必要以上に華美な生活をせずに大きな支出を減らす倹約を続ければ、自ずとお金は貯まっていくものです。

金持ちになるための考え方を身につけることが大事なのです。

このように資産運用に関する考え方を学ぶにはとても参考になる一冊です。 

起業を考えている方にとってはマイクロ法人という考え方はとても魅力的なものなので一度読んでみるべきだと思います。

黄金の羽根を見つけて真に自由な人生を手に入れましょう!

橘玲さんの書籍は以下もおすすめです。

おすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です