本の紹介

これからの時代の情報発信の本質が詰まっている【共感SNS】

SNSが普及しSNSを通じて仕事をしたいもしくはSNSを集客のツールとして使いたいと思う人が増えているのではないでしょうか。

ゆうこすさんの【共感SNS】は『丸く尖る発信で仕事を創る』というキャッチコピーのもと、ゆうこすさん自身が失敗から学んだ実体験を通じてSNSで仕事を受けられるようになるにはどういったことをしていけばいいかが書かれています。

SNSはフォロワーなど目に見える数字が多く、いつの間にかその数を増やすことに躍起になって本当に伝えたかったものを忘れかけてしまうことがよくあります。

ゆうこすさん自身もそのような経験があり、アイドルをやめてから一度2万にものフォロワーがいながら失敗を経験するのですが、その後自分の発信したい本質を定めて発信をし続けた結果、インフルエンサーとして大成功しています。

本書の内容はゆうこすさん自身がまだ若いということもあり若者にわかりやすくて伝わりやすい表現が多くてとても読みやすく感じました。

例えばSNSで自分をブランディングしていくには、”漫画のようにセルフプロデュース”する。

また、”SNSは一冊の本づくり”などのように身近なものに例えてSNSの作り方を解説していて内容がすっと理解できました。

テクニックやゆうこすさん自身の経験は本をとって読んでもらう方がいいと思うので、本質的な部分で共感したところを抜粋しています。

自分のやりたいことや方向性を語り、思い入れを持ってもらうことがどんなテクニックよりも、一番大事なのです。

僕はSNSはブログとTwitterを活用していますがどうしてもみんなテクニックに走りがちです。

目の前のPVやフォロワーの数だけを追ってしまうような、小手先のテクニックによる発信では本当のファンというものはついてくれない。

僕自身もテクニックに走ってしまいがちで耳が痛いです。

思わず応援したくなるような軸を持った情熱がある人に人は惹かれます。

SNSで発信力を高めていくにはそういったブランディングを目指すべきだと僕自身強く感じています。

まずは自分の思う通りの方法で続けてみて、あまりにライバルが多くて勝てそうにないと思ったら、戦場を変えてみる。届け方を変えてみる。ライバルが少ない戦場を模索して、開拓してみる。あるいは投稿の仕方を変えてみる。ターゲット層を変えてみる。肩書きを変えてみる。
こうした柔軟な対応ができる人だけが、変化の激しいSNSで生き残っていける。

ブログでもTwitterでもよく言われることですが、まずは継続するということが大前提でとても重要なことです。

継続によって土台が出来上がり必ず発信する力は伸びていきます。

しかし継続するだけではいつか壁にぶち当たる時が来るでしょう。

その壁にぶち当たった時にどのように行動をするか。

ゆうこすさんのように自分に合う方法はどんなことなのか、ひたすらに考えて行動していかなければなりません。

環境や状況のせいにしない、自ら道を切り開いていける人こそがSNSという変化の激しい戦場を生き残っていくことができるということは僕も痛感しています。

人やお金を動かせるようになって、初めて仕事は掴み取れるようになってきます。 

SNSで例え1万人ほどのフォロワーがいたとしてもそれだけで仕事が成り立つほど甘い世界ではないことが分かります。

フォロワーの中には初見のユーザーからライトユーザーそしてコアなファンまでいます。

そのたくさんのフォロワーのうちコアなファンを動かすことができて初めて人やお金を動かせるのです。

もちろん広告費という意味ではフォロワーが多ければある程度はもらえるものでしょうが、コアなファンがいなければ広告効果も薄くなります。 

フォロワーの数は絶対条件ですがさらにフォロワーの質も高めていく。

SNSをビジネスとして成立させるためにはここまでしなければいけないし、相当の覚悟が必要だということを学ぶことができました。

各SNSのテクニックも紹介されていてすぐにでも実践できることも多くとてもためになりました。

ですが、僕はテクニックというよりかはゆうこすさん自身が考えるSNSの本質がとてもためになりました。

これからSNSを通じて情報を発信していきたいと思う人には要チェックな一冊です!

おすすめの記事
本の紹介

【新しい文章力の教室】紹介と感想を述べてみる

2019年11月23日
豊かな人生への投資術
文章を書くことは苦ではないけど自分の書いた文章は気に入らないぎーすえです。 文章力を鍛えるために「新しい文章力の教室」を読んでみました。 はじめに 一言感想 話の骨子作りから、細か …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です