節約

【家計簿が続かない人へ】目的をもって家計簿をつけることが大事です

みなさんは家計簿をつけていますか?

私もよくつけようとしては3日坊主で終わるというのを繰り返してしまいます。

なぜ続かないかというと家計簿をつける目的がはっきりとしていないからです。

家計簿をつけた先に目的があるならきっと家計簿もしっかりと続けることができるはずです。

今回はそんな家計簿をつける目的について紹介したいと思います。

▼▼おすすめの家計簿アプリはこちら▼▼

【家計簿が続かない人へ】家計簿アプリはマネーフォワードミーがおすすめ【簡単】家計簿をつけたいけどなかなか続かないという人多いですよね。 私も初めては3日で飽きというのを繰り返していました。 しかし、ス...

家計簿をつけるために必要なこと

家計簿をつける目的をはっきりさせる

皆さんは家計簿を何のためにつけますか?

おそらくお金の流れを把握して無駄を削って節約したいという方が多いのではないでしょうか。

家計簿をつける上で一番重要なこと、それはなにを目的として家計簿をつけるかです。

ここがあやふやだとどんな家計簿のつけ方をしても効果が出にくいですし、なかなか続かないと思います。

具体例として私も目標としているお金の不安をなくして将来のために資産形成をするということを目標にしているとして考えていきましょう。

この目標を達成するために把握するべきものは以下の3つの項目です。

  1. 生きていくのに最低限必要な金額
  2. ゆとりを持った生活に必要な金額
  3. 自分が持っている現状の金額

生きていくのに最低限必要な金額

まず把握するべき項目は自分が生きていくのに最低どのぐらいの金額がいるのかということです。

項目としては家賃、水道光熱費、通信費、食費、衣服美容費、医療費などです。

ポイントとしてはこれを抜いてしまったら普通に生きていくことが難しいという項目にまで絞ることです。

この金額が分かれば、極論この金額以外はすべて貯金や投資に回すことができます。

さすがに最低限で生きていくというのは寂しいものがあるのでこの金額で生活しろと言っているわけではありません。

しかしこの金額が分かるともし万が一のことがあった時この金額さえあればしばらくは生きていくことができるという安心が得られます。

生活防衛資金として、この金額分を用意しておけると安心ですね。

ゆとりを持った生活に必要な金額

次に把握するべき項目がゆとりを持った生活をするために必要な金額です。

最低限の生活は寂しすぎるので、自分だったらこのぐらいであれば満足して生活できるなという金額を把握します。

もちろん家や車など欲を出せば際限ないですが、贅沢にならない程度の現実的な金額を把握するのがポイントです。

この金額を把握することができれば、自分がゆとりのある生活をするためには月にいくら必要だとか、ゆとりのある生活はできているから残りの金額を貯金や投資しようと考えることもできます。

またこの作業を通すことで日々の生活を考えるきっかけにもなるので一度しっかりと把握してみることが大事です。

自分が持っている現状の金額

最後に把握するべき項目がこの自分が今全部でいくらの資産を持っているかということです。

これには、現金のほかに貯金や投資、保険、退職金などまで含めて考えることです。

この金額を把握することで、最低限必要な金額やゆとりを持つために必要な金額と合わせて適切なお金の使い方を考えることができるようになります。

たとえば、将来的にゆとりを持った生活がしたいからこのぐらいの金額は持っていないといけないということが分かります。

最近では年金問題も話題になっているのでぜひ一度ゆっくりと考えてみたいところですね。

そして最低限必要な金額で割ることで自分は何年無収入でも耐えられるのかが分かります。

このようなことが分かっていれば漠然としたお金の不安もなくなります。

収支を把握した次のステップ

収支の把握はあくまで最初のステップです。

把握した収支からさらに自分の理想とする生活へ近づけるために改善していきましょう。

生活に最低限必要な金額を見直す

生活に最低限必要な金額は人それぞれで金額もばらばらだと思います。

しかしこの金額が低ければ低いほど同じ貯金額であれば無収入になったとしても長く生活出来ますよね。

長く生活出来ればその間に次の準備ができたりします。

この期間が短ければ不安が大きくしっかりとした準備ができないかもしれません。

また大きなチャレンジをしようという時にも最悪失敗してもこの期間は耐えられるとわかっていればかなり心強いですよね。

お金の不安をなくして人生の選択肢を増やすためにも適切な金額を見出すべきです。

ゆとりをもった生活を考えてみる

人生を豊かに生きるためにもある程度のゆとりはやはり必要です。

しかしそのゆとりは果たして本当に心が豊かになるゆとりなのか、それともただの贅沢ではないかというのは常に考える必要があると思います。

最新、見栄、安心などに引っ張られた生活をしていませんか?

自分に本当に必要なものかを考え常に考えていく必要があると思います。

資産を増やしていく

老後までお金で不安になることなく生活していきたいと思ったらある程度の金額の資産を持つことが必要になります。

しかし資産というものは現金や貯金で保有していても増えていきません。

そしてサラリーマンでは生涯収入はある程度決まっており限界があります。

そのため正しい知識を持った投資などの資産運用が必要となっていきます。

しかし資産運用も元手が大きくないとあまり意味を成しません。

そのためにゆとりをもった生活費を把握し、残りのお金を貯金とは別に資産運用に回していく必要があるのです。

まとめ

家計簿をつけるための目的を紹介しました。

何事も目的を持たないと長く続かないし適切な行動もとれません。

また家計簿をつけることが目的ではなく、家計簿を利用して豊かな人生を設計していくということが重要です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です