おすすめアイテム

曲面ディスプレイはデュアルディスプレイよりも利点が多い!

ぎーすえ

パソコンの作業ってディスプレイで作業効率が結構変わってきますよね。

あなたはパソコン作業で十分な作業効率を出せていますか?

ノートパソコンだと画面が小さくなってしまうし、デスクトップでも一つの画面では比較など見比べるのが大変ですよね。

そう、パソコンはデュアルディスプレイで使うことで格段に作業効率が上がるんですよ!

でも、デュアルディスプレイって2枚もディスプレイを用意しないといけなくて、ハードルが高いですよね。

今回はそんなデュアルディスプレイの役割を一つで解決してしまう曲面ディスプレイを紹介したいと思います。

作業効率を出すにはディスプレイが重要

ノートパソコンは持ち運びもできて便利だし、場所もどこでも使えるような大きさなのがいいですよね。

ですが、がっつり作業したいとなった時にやっぱりノートパソコンの大きさでは、作業効率が落ちたり疲れやすかったりしてしまいます。

デスクトップのパソコンを使っていても、小さいディスプレイ1つではノートパソコンと大差ないかと思います。

デュアルディスプレイを使ったことがある人はわかると思いますが、画面が2つになるだけで格段に作業効率が上がります!

仕事って何か資料を見ながら書類を作成するってことが結構ありますよね。

そのときに、いちいち最小化などで表示を切り替えるのってめちゃくちゃ面倒で非効率なんですよ。

並べて表示しておけば目線の移動だけで比較ができるし、基本的に資料を作成するほうに集中し続けることができます。

また、作業効率は別にして1面でYouTubeを流しながらもう1面で作業をする「ながら作業」ができることもいいですよね。

曲面ディスプレイというものがある

でも、デュアルディスプレイっていきなり2枚のディスプレイを買うのにハードルが結構高いですよね。

しかも、ディスプレイ2台も置いたら邪魔だし…

そんなことを悩んでいた僕が見つけたのが曲面ディスプレイです!

こんな感じで画面がまっすぐじゃなくて曲面になっているディスプレイですね。

曲面ディスプレイでは16:9ではなくて21:9のものが主流となっていて、一般的なディスプレイより横長になっていて視界に入る情報量が多くなります。

また、臨場感や迫力のある映像を見られるのも曲面ディスプレイの特徴です。

ディスプレイが湾曲していることで、画面の端でも目とディスプレイの距離が一定に保たれて映像への没入感が増します。

映画館のスクリーンでもこの技術が使われいるので、横にずれても見にくくなったりしないんですね。

おすすめの曲面ディスプレイ

出典:https://amzn.to/2yFCR1d

僕は曲面ディスプレイのなかでもお値打ちなmsiが出しているディスプレイにしました。

大きさは34インチとちょっと大きめですが曲面の良さを出すにはこのぐらい大きい方がいいと思います。

曲面ディスプレイでよかったと思うこと

デュアルディスプレイと同等以上の使い心地

僕はデュアルディスプレイを曲面ディスプレイ一枚で再現できることが決め手で曲面ディスプレイを選びました。

使用感から言うとこれは間違いなく正解でした。

ブラウザを二つ並べて作業することがほとんどなのですが、2分割でも十分な大きさを保って並べることができます。

曲面のおかげで端も問題なく見やすいし、デュアルディスプレイだとつなぎ目の部分が邪魔になると思いますが、もちろん1枚のディスプレイなので中心に邪魔な部分はありません。

結果的にデュアルディスプレイより使いやすくて満足することができました。

やっぱり映像の迫力がすごい

曲面ディスプレイはそもそも映像などの没入感に定評のあるディスプレイです。

ネットを使って動画を視聴する機会も増えていると思いますが、動画を全画面表示させたときは今までのディスプレイとは別世界の迫力ですよ。

パソコン用のモニターとして使う以外にも、映像用のモニターとしても十分すぎる性能を発揮してくれること間違いありません。

ディスプレイ2枚よりもスマートに見える

ディスプレイを2枚置くとケーブルも増えますし、机の上のごちゃごちゃ感が増してしまいます。

大きいディスプレイが一枚どんと構えていれば、存在感もさることながら机の上がすっきりとしてカッコよくなります。

まだまだ曲面ディスプレイは伸びている段階の市場でそこまで一般的ではないので、曲面ディスプレイを置いておくだけでも注目を浴びることができたりもします。

曲面ディスプレイのデメリット

良い点も多い曲面ディスプレイですがデメリットもあって大きく「場所をとる」、「値段が高い」というところでしょう。

横長の画面になっているので、通常のディスプレイよりも置ける場所が限られてしまいます。

そんな置くとこ問題ですが僕のおすすめは壁の隅に合わせて配置することです。

局面になっているので後ろの少し出っ張っているのですが、その部分を壁の隅の部分で吸収してあげれば無駄なスペースを減らして、かなり省スペースで置くことができますよ。

値段は、曲面ディスプレイの加工が難しい分どうしても普通のディスプレイよりも高くなってしまいます。

しかし、2枚のディスプレイを買ったと思えばちょっと高いかなぐ来の金額だと思います。

とはいえ金額以上に手に入れられる価値が大きいと思っているので、特に映像をよく見る人には多少高くてもおすすめしたいですね。

ノートパソコンのちっちゃい画面で疲れたなと思っているのなら、曲面ディスプレイを使って広々とした作業環境で効率よく作業してみませんか?

おすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です