本の紹介

【父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。】紹介と感想を述べてみる

経済の本をいろいろ読むけど未だに経済とはどんなものか腑に落ちないぎーすえです。
どうせいつもみたいに名前負けして中身の薄い本だろうと思いながら読んだこの本ですが、実態は違ってたしかにとんでもなくわかりやすい経済の本でした。おそらく皆さんが想像するような経済の本ではないと思いますが読むべき価値がある本だと感じました。

はじめに

一言感想

世にある経済の本とは異なる角度から見たとてもわかりやすく経済の本質に迫る話。

どのような人におすすめか

中学生ぐらいから大人までおすすめです。経済とはどんなものか、難しい用語などは一切使われずにとても読みやすいのが特徴的です。例えも身近なものが多くて中学生ぐらいなら理解できるでしょう。中学生の時にこの本を読めていたら大きな財産になっていたんじゃないかと思うほどです。

本について

著者について

著者はヤニス・バルファキスでギリシャの経済危機時に財務大臣を務めています。EUから財政緊縮策を迫られる中異を唱え世界的な話題になったそうです。

この本を書いた理由の一つに、著者の娘クセニアに話せなかったことを話すつもりで書いたということがあります。そのため文章のところどころで君と娘に問いかけている部分がありますが、父親らしい威厳を感じ、今後この市場社会の中で成長していく娘を案じているのがよくわかります。私自身も著者の息子になったような気分になれる文章でした。

あらすじ

財務大臣も務めたことのある著者が娘に経済について語っていくというスタイルで本書は展開される。この本は経済学の解説書とは正反対の経済の本だということで、専門家に経済をゆだねることなく誰もが経済についてしっかりと意見を言えること(これこそ、いい社会の必須条件であり、真の民主主義の前提条件だ。)を目指している。

物語は格差の話から始まり、市場社会のはじまりについて述べられ、「利益」と「借金」、「金融」の黒魔術へと話が発展していく。そして奇妙な「労働力」と「マネー」の世界の話から、「機械」に置き換わる話と続いて、誰にも管理されない「新しいお金」と人は地球の「ウィルス」かという話でこの本は締めくくられる。

内容について

機械化について

機械と違って、人を雇えば、人はおカネを循環させ、Tシャツなりほかの製品なりを買うことができる。だから、仕事が単純化され機械化が進み、賃金が下がりすぎると、ある時点でものが売れなくなる。

現在も着実に進んでいる様々なものの機械化ですが、仮にすべてが機械に置き換わった時経済はどうなるのかというのは疑問でした。

経済を動かすのはあくまで人間です。買い手がいなければ商品は売れない。モノの値段が落ちる以上に労働者の賃金が下がることで消費が鈍っていきます。その原理がある以上すべてが機械にとって代わるというのはまだまだ実現することはないと感じます。

ですがあくまで”すべて”が置き換わらないだけで、ある程度までは機械化が進むのでしょう。そのころに機械の所有者となっているか、減少した労働の枠を競う労働者でいるのかは大きな違いであるなと感じました。

平和で平等な社会にならない理由

経営者たちの究極の目標は、誰も働かずに済むような社会を実現することではないし、利益がどうでもよくなるような社会を実現することでもない。機械が設計した機械によって、すべての人が平等に社会の豊かさを享受できるようにすることでもない。経営者の夢は、どの企業よりも先に労働者を完全にロボットに置き換えて、利益と力を独占し、ライバル企業の労働者に自分たちの製品を売りつけることだ。

すべて機械が働いてくれるなら人間はみんな何もしなくてもハッピーに過ごせるんじゃないかと考えたこともありました。しかしそんな時代は訪れないでしょう。機械があるということは機械を所有する人がいてその人は自分のためにその利益と力を行使するでしょう。全てが機械に置き換わったところで今の格差がさらに大きくなるだけです。

これを避けることができるのは本書でも述べられていましたが、すべての人が機械の所有者となり利益を分け合うことです。社会の大転換が奇跡的にでも起きて、こういった考え方になればその時は働くことは機械に任せた楽園が作れるでしょう。こんな理想論は天と地がひっくり返りでもしなければ実現しないとは思いますが…。

経済は政治抜きには語れない

この本では君に経済について語るといったけれども、政治の話を抜きにして経済は語れないことに、もう君も気が付いているだろう。

本書でたびたび述べられていることですが、政治と経済は切っても切ることができません。経営者は政治家が市場に口を出してくるのを嫌がりますが、金融危機の時に一番政府を頼るのは経営者たちです。

経済のコントロールも、お金というものを保証してくれる大きな存在、例えば国家のようなものがいなければたちまち崩壊してしまいます。

通過の話ではビットコインの例などが出ていましたが、”ビットコインの参加者たちが仮想通過に熱狂するのは、それが既存の政府や権威に抵抗する存在だから”であり、”これほど「政治的」な行動はない”と述べられており、なるほどと思いました。

本物の幸福

満足と不満の両方がなければ、本物の幸福を得ることはできない。満足によって奴隷になるよりも、われわれには不満になる自由が必要なのだ。

これは今全てにおいて満足できる仮想世界に行けるとしたら行くかという話についてなのですが、私はおろかにもいければ幸せに暮らせるのではないかと思いました。しかし”今”の満足できる世界が永遠に続くだけでは人間は本当の幸福を得ることができないというのです。

人間は、様々なものに衝突して今の人格や性格、好みといったものが形成されています。そのため例えば10年前に満足だと思っていたことが今では全然違うということになったりします。このように満足とともに不満があるからこそ人間は本物の幸福へと歩んでいくことができるのです。

現代の宗教は経済学

世界一有名な経済学者のアダム・スミスはそれを「神の見えざる手」と呼んだ。このイデオロギー、つまり新しい現代の宗教こそ経済学だ。

本書で宗教の起源は、権力者が支配をする際にその支配をゆるぎのないものとするために人々に信じ込ませるためであったとされています。

今の時代でその宗教に当たるものこそが経済学だというのです。現在の市場社会こそが究極の自然秩序だということを信じ込ませているのです。市場社会は格差をどんどん広げていくばかりのもので、権力者にとっては都合のいいものです。本気で平等な社会にしたいと思ったらまずこの「神の見えざる手」を何とかしなければならないでしょう。

まとめ

経済と言えば、難しい用語で分かりにくいというのが一般的だと思いますが、本書では難しい用語は一切なくどのようにして今の経済ができたかを教えてくれます。

今の経済が悪いとは言いません。私も今の市場社会を利用して頑張って富を得ようとしています。しかしこの経済の本質を知っているか知らないかでは、一部の行動が変わってくるのではと思えるぐらい影響力があり知ることの重要性を感じます。

日本は特に金融についてのリテラシーが低いとされているのでぜひこういった本を通して皆が学んでいければいいなと思いました。

おすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です